CAM

高度なセキュリティ
+手軽さの両立

マイナンバー情報を本人自身が安全に
提出できる収集管理の仕組みを構築

平成28年1月以降、社会保険手続きや源泉徴収、税金の納付といった「行政手続き」でマイナンバーが必要になります。そのため、企業は従業員や扶養親族などのマイナンバーを適切に収集することが求められますがマイナンバーは厳格な取扱いが必要となり、情報漏洩や不正な取扱いには罰則も科せられます。

キャラクター

マイナンバー制度には、取扱規定、安全管理措置、権限者設定、対応ソフトの準備など、多岐に渡る対応が必要で、多くの企業様で悩みの種となっています。

キャリアアセットマネジでは、技術的安全管理措置に準拠した高度なセキュリティと、手軽で利便のよいマイナンバー管理を提供します。

4つのポイント

  • 安全性

    専用データセンターでの保管など徹底した安全・危機管理体制

  • 利便性

    スマホカメラでの撮影取得データ化はセンターにお任せ

  • 効率性

    WEBでのデータ送付や郵送で担当者様の手間を軽減

  • 正確性

    撮影画像からの読み込み+オペレーターによるWチェック

マイナンバー収集サービス概要

マイナンバー収集サービス概要 マイナンバー収集サービス概要

POINT.12つの収集方法から選ぶ

従業員やスタッフ本人が自分で登録

本人が直接登録を行います。
(専用URLから画像アップロード/必要書類の郵送)

  • 本人による登録だから当人が安心
  • 収集対象リストをお渡しいただくだけでOK
  • マルチデバイス対応
  • 郵送用の書類手配もCAMにお任せ
担当者が対面で取得

身元確認を事務取扱担当者が行なった上で、スマートフォン/タブレットを使って番号確認書類を登録します。

  • その場で撮影するだけ
  • 目の前で作業するから社員/スタッフも安心
  • 煩わしい入力作業なし
  • 画像は残らずセキュリティーも万全
本人による登録 担当者が対面で取得
取得方法 本人が直接登録を行います。
  • 専用URLへの画像アップロード
  • 必要書類の郵送
身元確認を事務取扱担当者が行った上で、事務取扱担当者がスマートフォン/タブレットを使って番号確認書類を登録します。
導入メリット 高度なセキュリティーで安心
(物理的対策・技術的対策 etc)
  • 撮影画像がスマートフォンに残りません
  • 高度なセキュリティーで安心
    (物理的対策・技術的対策 etc)
企業のメリット
  • 収集者リストは対象者一覧本システムに登録するだけです
  • 依頼〜回収〜データ化まで弊社で行い納品いたします
  • 対象者連絡方法を選べる(SMS/メール/郵送/書留)
  • スマートフォン/ガラケーに対応(対象が多い場合も負担減)
  • 扶養分も収集できます
  • センターでのデータ化で入力ミスが大幅減
  • 身元確認書類の照合もセンターでおこないます
  • スマートフォン/タブレットで撮影するだけです
  • 書類記載/入力の手間がありません
スタッフ・社員のメリット
  • スマートフォン/タブレットで撮影するだけです
  • 郵送の場合も簡単な書類記載と確認書類をコピーして投函するだけです
  • 対面での登録のため、安心です
  • 書類記載、入力の手間がありません
データセンター作業項目
  • マイナンバー登録
  • 基本4情報登録(本人分)
  • 身元確認書類照合(本人分/第3号被保険者)
  • マイナンバー登録
  • 基本4情報登録(本人分)

POINT.2データ化は専用の
センターで対応

技術的安全管理措置に準拠した高度なセキュリティーによりサービスをご提供いたします。

  • データ化/照合確認

    セキュリテーの担保とデータの信頼性
    • 個人番号確認後の身元確認書類は照合後に破棄
    • 身元確認書類の照合によるなりすましの防止
    • チェックデジットを使用した誤登録の防止
    • OCR (光学的文字認識)と手入力によるデータ照会
  • データ管理

    安全で豊富なログ管理
    • データへのアクセスログ管理
    • 閲覧者のログ管理
    • 廃棄ログ管理
    • マイナンバーの暗号化保存
    • 暗号化送受信
    • 専用エリア保存

    ※ 一部、データ保管サービス(オプション)の機能も含みます。

POINT.3徹底した安全・危機管理体制

マイナンバーを収集、お預かりするために、安全管理措置に準拠した安全管理を実現します。

物理的対策/措置
  • 5段階のセキュリティーエリアレベルを導入し、セキュリティー管理を実施
  • 個人情報、特定個人情報などの高レベルエリアでの対応に限定
  • データセンターでは、カード認証による入退室管理と、高レベルエリアの運用ルールを制定し、セキュリティー管理を徹底
  • マイナンバー専用データベースエリアでの構築
技術的対策/措置
  • 役割に応じた最低限の権限管理
  • マイナンバーの分割保存、暗号化
  • アクセスログの保存、操作履歴の保存
  • ファイヤーウォールによる不正アクセスの監視、防衛、遮断
その他、組織的・人的対策/措置
  • 情報セキュリティーガイドラインを制定し、従業員に対する情報セキュリティー教育を定期的に実施
  • プライバシーポリシーを設定し、JISQ1501個人情報保護マネジメントシステムに基づいた運用・教育・監査を実施

導入事例から探す