CAM

COLUMNコラム

カウンセリングルーム ~LQP事務局に寄せられるコメントから~

2017.03.18

第5回「管理職のメンタルケアにも目を向けていますか?」

職場の上司によるパワーハラスメントや、上司との関係性が原因で起こるメンタルダウンなどはあちらこちらでよく耳にしますが、その「上司」自身のメンタルダウンも、実は少なくないことはご存知ですか?

立場的には、

・自分の成果を出さないといけない
・チームの成果も出さないといけない
・部下にも成果を出させないといけない
・同時に部下のケアもしないといけない

かといって「自分のやり方に自信があるとは限らない」が、それを表に出すわけにもいかない……など、多くの場合上司やリーダーはプレッシャーが大きく、かつ孤独でもあります。

(だから昇進したがらない若手が多いのか… と余計なことを考えてしまいます)

もちろんそれも含めて上司やリーダーの仕事であり、乗り越える精神力も求められるわけですが、中には弱音を吐けない立場で、相談相手もおらず、悩みを溜め込んでしまう人もいることを忘れてはいけません。

また、パワーハラスメントやコミュニケーション不足を起こす上司の多くが、その人自身のメンタルに何らかの不安を抱えてしまった結果、そのような問題行動に至っている場合も多いようです。

メンタルダウンの元凶として見られがちな「上司」も、実はケアが必要だったりすることがとても多いことを忘れてはいけません。
この層は上下横の様々なつながりや仕事の責任からくるプレッシャーなど、要素が複雑なだけに容易に解決するものではないかもしれない分、
これから組織改善やメンタルケアに取り組む方や、担当の方には、ぜひその点も考慮いただきたいのです。

 

評価・教育ツール「LQプログラム」はこちら

評価・教育ツール「LQプログラム」

SHARE

一覧に戻る
こちらの記事もおすすめです